>
>
純米吟醸 鵬

純米吟醸 鵬

 

山田錦を使用したお酒の特徴は、「秋あがり」という言葉がありますが熟成することにより旨みがグッとのってくること。
力強い旨みがありながら端正なお酒は、美味しい料理をより美味しくします。

 

味わいの特徴

最初の印象は、口当たりふくよかで優しい味わいですが、次第にしっかりとした酸がコクのある旨みを、後切れの良い酒質が上品さを演出するお酒です。
風格のある端正な味わいは、最高級の酒米「山田錦」ならではのもの。しっかりめの味わいの料理でも合わせやすいお酒です。和洋中、イタリアンなども好相性です。

 

一緒に食べたい料理

  • あんきも
  • 豚角煮
  • 鯛かぶと煮
  • 牛タン塩焼き
  • トマトクリームパスタなど

 

 

日本酒によく合う料理のレシピ

みそ玉

《材料》

貝類(いろいろ)合わせて200g〜(殻は外す) 
西京味噌100g
卵黄1コ
純米酒大さじ2
浅葱適宜

作り方

(1)味噌だれを作る。味噌に卵黄と煮切った純米酒を入れ、よく練りあわす。
(2)貝類は全部むき身にし、大きいものは一口大に切る。
(3)浅めの陶器の鍋や、小さめのフライパンに、(2)の貝を全部並べるように入れ、その上に味噌だれの分量を加減してかける。
(4)(3)の鍋を弱火にかけ、焦げ付かないようにゆっくりと混ぜながら火を通す。

(5)最後に浅葱のみじん切りを散らす。

あさり、はまぐり、あわび、かき、ほたて、あおやぎ、etc・・・

季節の貝類、何でもOKです。
できれば生で食べられるものの方が、しっかり火を通さなくても良く、貝が固くならずに済みます。
西京味噌を使わない場合は、白味噌に砂糖をお好みで入れてください。
本当のみそ玉のタレは、味噌に卵黄と純米酒を入れ弱火にかけ、ゆっくりと時間をかけて練り上げて作ります。が、今回はその手間を省きました。

貝は、火を入れると味がとても濃くなります。味噌の味も濃いですし、少しの分量でもかなりお腹がいっぱいになりますから、分量は加減してください。
合わせたいお酒は、諏訪泉のお酒なら、これは何でもと言っていいほど良く合います。その日の気分でどうぞ。

この頃、陽気が暑くなったり、夜は急に冷え込んだり・・・で私は、特別純米か満天星をお燗でいただくことが多いですね。どちらも相性の幅が広くて落ち着いていただけます。穏やかで少し地味な感じですが、お料理との相性には素晴らしいものが感じられます。優しい味のお料理には優しく、強い味のお料理にはしっかりとした味わいを感じさせてくれます(^0^)/

 

おすすめの飲み方

冷蔵庫で冷やす 冷や(常温) ぬる燗 熱燗
   

冷やまたはややぬるめのお燗(42℃から45℃くらい)で

 

商品詳細

原料米 精米歩合 アルコール度 保存方法 配送方法
山田錦
(兵庫県産、
鳥取県産)
50% 16%〜17% 冷暗所にて保存 常温便

 

純米吟醸 鵬[720ml]
価格3,000円(税別)

 

純米吟醸 鵬[720ml]
カートン入りお歳暮に最適
のし紙
価格3,100円(税別)

 

純米吟醸 鵬[1800ml]
価格6,000円(税別)

 

純米吟醸 鵬[1800ml]
カートン入りお歳暮に最適
のし紙
価格6,200円(税別)